血液循環

血液循環と食生活その5

テレビを見ながら、なんとなく食事をしたり、時間がなくかきこむように食
べたり、これは健康な食生活とは言えません。せっかくおうちの人が作って
くれた食事に対しても、これでは失礼ですよね。
このように、毎日の食事に配慮して、血行を促進すること、体の血液循環を
よくすることは、健康維持にとても大切です。反対に、日々の食事にまった
く気を使わずに、好きなものばかり適当に食べて暮らしていると、脂分、塩
分の多い食事を続けることになり、血液も流れにくい体になります。
血液循環が悪いと、やがて動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心臓病など、死
に至る病気も起こす可能性が高くなります。要するに、毎日の食生活は、健
康どころか命に関わる、寿命にかかわる、大切なことなのだということです。
最近では、心臓の疾患だけでなく、血液生涯は認知症にも関係しています。
アルツハイマー型、変性型、それから脳血管性型など、認知症には種類があ
ります。日本では、脳血管性型認知症が海外よりも多く見られる国だそうで
す。
血液循環が悪いと、脳梗塞が多発しますので、広い範囲の脳が破壊されて、
脳の機能が低下してしまう、とても怖い病気です。血行障害と言う簡単な言

葉では片付けられないような、やがて大きな疾患を引き起こす可能性がある
ことを、誰もが認識しておかなければなりません。
健康に生きるためには、血液循環が良くなる食事を心がけ、小さな症状も見
逃さないようにしたいものですね。
血液循環と食生活その5